HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 サルトリイバラ サルトリイバラ 眉山 サルトリイバラ
【 ユリ科 シオデ属 】


 山野に多いツル性の落葉樹。茎にまばらに鋭い刺がある。葉柄につく托葉は巻きひげとなって,他の樹木に巻きつく。猿も鋭い刺のツルによって絡み捕られる意味から,「猿捕り茨(サルトリイバラ)」と呼ばれている。中国原産の薬草「サンキライ」に由来し,漢方では「和の山帰来(さんきらい)」とも呼ばれる。

 よく文献では,『西日本では,柏餅を包む葉としてカシワの葉に代用される』となっている。
 私が,春に眉山の山道を歩いているとき,ちょうどサルトリイバラを集めている女性の方がおられた。話を聞くと,孫に食べさせる柏餅を包むためにサルトリイバラの葉を集めているようであった。その方が子どものころには,「徳島ではサルトリイバラのことをサンキラと呼んでいた」と話されていた。
 以前,広島出身の方から「広島ではサルトリイバラのことをボテバと呼んでいた」ということも聞いた覚えがある。さらに調べてみると,「同じ広島でもカタラの葉と呼んでいる」という事実もあるようだ。

 おそらく西日本では,カシワの木はあっても少ない,餅を包むような立派なカシワの葉があまり手に入らないなどで,サルトリイバラを使う習慣ができたのだろう。一方では,古来カシワの1枚の葉を曲げて挟むのではなく,サルトリイバラの2枚の葉を挟んでいたと考える説もある。確かに,「かしわ手」と言われる神前での2拍2礼を考えたときには,2枚の葉で挟むサルトリイバラの方が説得力があるように思える。サルトリイバラの方が,餅を包む歴史については昔からあるような気がしている。

サルトリイバラ 写真
サルトリイバラ 写真
サルトリイバラ 写真
サルトリイバラ 写真
サルトリイバラ 写真
サルトリイバラ 写真