HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 シロダモ シロダモ 眉山 シロダモ
【 クスノキ科 シロダモ属 】


 5月の中旬に,シロダモの葉の芽だしが見られた。新葉は枝先からだらりと垂れ下がりながら展開していて,薄い茶褐色を帯びていた。さらに近くに手で取ってみると,葉の表裏面ともに滑らかな毛で覆われていた。例えるならば,「肌色をしたうぶ毛のある赤ちゃん」といったところだろうか。
 シロダモは,全国的によく見られる常緑樹で,葉の裏面が白色をしていることからシロダモと呼ばれる。名前の由来は,子どもに紹介してもすぐに覚えてもらえそうな感じがする。葉だけを見れば似ているのがイヌガシとヤブニッケイであるが,それぞれ次の点が異なる。

 ○ イヌガシはシロダモよりも葉が小さく,裏面の白っぽさもシロダモのような輝くような白さはない。
 ○ ヤブニッケイはシロダモより葉が小さく,裏面は淡緑色。芳香があり,虫こぶをよくつけている。

 イヌガシやヤブニッケイに比べると,ひと回りも大きい堂々とした葉をして,裏面にくっきりとした輝くばかりの白さを見せてくれるシロダモ。私には,自分の個性を120%ぐらい表現している樹木に思える。
 このシロダモのように,うそ偽りなく自分の個性を全面で発揮できる人でありたい。

シロダモ 写真
シロダモ 写真
シロダモ 写真
シロダモ 写真