HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 テイカカズラ テイカカズラ 眉山 テイカカズラ
【 キョウチクトウ科 テイカカズラ属 】


 山野に見られるツル性の常緑樹。茎が長く伸び,気根によって他の樹木や岩などをよじのぼる。私が見た春先に,ちょうど花をつけていた。ねじれた感じの花弁を5つつけ,花冠の中心部が淡黄色になっていた。花の形がスクリュー型をしているのが,印象的であった。

 以前,文化の森総合公園の石垣でテイカカズラを見たことがあるのだが,そのテイカカズラは葉脈に紋様があり,この眉山のテイカカズラとは全く違っていた。学芸員の方に教えてもらったのだが,テイカカズラは地面を這っているものと地面から立ち上がっているものでは,別種と思えるぐらい葉の様子が違うようである。

 テイカカズラには,次のような有名な言われがある。『平安時代,藤原定家は式子内親王を慕い続けていた。しかし,その式子内親王が49歳で亡くなってしまった。定家の死後,内親王のお墓にはツル性の植物がまきついて伸び上がっていった。人々は,定家が式子内親王を想う強い執心(しゅうしん)が葛になったと言い,そのツルをテイカカズラ(定家葛)と呼ぶようになった。』
 1つのツル性樹木にこれだけの言われがあると思うと,趣を感じながら観察することができる。

テイカカズラ 写真
テイカカズラ 写真
テイカカズラ 写真