HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 トキワツユクサ トキワツユクサ 眉山 トキワツユクサ
【 ツユクサ科 ムラサキツユクサ属 】


 樹木ではなく草花だが,“山野に生える樹木のお友達”ということで紹介したい。
 南アメリカ原産の帰化植物で,昭和初期に観賞用として日本に持ちこまれ,その後野生化した。やや湿った日陰に生える多年草で,初夏に花を咲かせる。

 名前は,常緑でツユクサに似ていることに由来して,トキワツユクサ(常盤露草)である。三角形の純白な花を3枚つけている様子は,かわいらしかった。このトキワツユクサ,確かに葉はツユクサに似ているが,やや卵状の花をつけるツユクサにはあまり似ていない気がする。花についてだけ言えば,三角形の形が少しムラサキツユクサに似ているというところだろうか。
 別名をノハカタカラクサ(野博多唐草)というようだが,由来が私には定かではない。

 以前ニュースで,和歌山県串本町の九龍島でこのトキワツユクサが大量に増えてしまい,もともと島にある植物を滅ぼすかもしれないという話があったように記憶している。海岸の島で見られるのは珍しいというシダ植物のイワヒトデ(ウラボシ科)が絶滅してはいけないと,ボランティアを呼びかけトキワツユクサの抜き取り作業を行ったようだ。あまり自生せずに珍しいと大切に保護され,大量発生すると刈り取られてしまう植物の世界。きっと,このトキワツユクサは根強くたくましい草花なんだと思う。
 「人間らしく生きるのが難しい今の時代,あなたのようなたくましさが必要な場面があります。」
こうやって, トキワツユクサを温かく励ましてあげたい。

トキワツユクサ 写真
トキワツユクサ 写真
トキワツユクサ 写真
トキワツユクサ 写真