HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ウラシマソウ ウラシマソウ 眉山 ウラシマソウ
【 サトイモ科 テンナンショウ属 】


 3月の下旬,やや日陰に見られたウラシマソウ(浦島草)。仏炎苞(ぶつえんほう)としての身なりは,同じテンナンショウ属のマムシグサと似ているが,肉穂花序の付属体が糸状に長く伸びる点が異なる。
 この花序の付属体が長く伸びている様子を,浦島太郎が釣り糸をたらしている姿に見立てたことから,ウラシマソウと名づけられた。

 ウラシマソウにそっくりなナンゴクウラシマソウ(南国浦島草)は,全体にやせた感じて,葉の小葉の幅が狭く,仏炎苞は長さ8〜10cmと小さい。著しい違いは,つり糸に見立てられた肉穂花序の付属体の基部がウラシマソウに比べて,白くふくれており,さらに網目のようなしわがたくさんあることだ。

 ウラシマソウ,格好と名前どちらをとっても味があり,遠い龍宮を感じさせてくれる。
 ※ 仏炎苞(ぶつえんほう)・・苞【芽や蕾を包み、保護する小形の葉】が大型に変化して,花びらの
   ようになったもの。仏像の背にある光背に,形や雰囲気が似ていることに由来している。
 
ウラシマソウ 写真
ウラシマソウ 写真
ウラシマソウ 写真
ウラシマソウ 写真