HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ヤブムラサキ ヤブムラサキ 眉山 ヤブムラサキ
【 クマツヅラ科 ムラサキシキブ属 】


 紫の実をつけることで知られているヤブムラサキ。春に見たときは,まだ花を開く前の蕾であった。蕾の部分に,見た目で分かるぐらい毛が密生していて,ふわふわしている感じであった。その名の通り,藪の中に生育している雰囲気がある。葉は対生しており,表面に短毛・裏面には多数の星状毛が生えていて,触るとざらついていたのが印象深い。葉縁に小さな鋸歯があり,葉先は尾状に長く尖っていた。
実の下につく萼は,ムラサキシキブやコムラサキよりも大きくて4つに分かれる。また,12月ごろでも,萼におびただしい密毛がつける姿は,ヤブムラサキが自分らしさを表現しているなと感じさせる。

 紫の実と言えば,上品な紫色の果実を『源氏物語』の作者・紫式部に譬えたムラサキシキブを思い出す。ムラサキシキブは,ヤブムラサキのように実や葉に毛を密生させないこと,ヤブムラサキに比べると実がやや小さく,一つの枝からつける実の数が多めであることなどが特徴である。
 同属で似たものとして,最近,コムラサキを見た。名前の通り,実も葉も他の2種より小形なのだが,実がたくさんまとまってどっさりとついているので,見栄えがして美しかった。

 純粋にきれいな紫の実で言えば,ムラサキシキブやコムラサキがいいのかもしれないが,
     個性的な野生感のある紫の実を求めるなら,このヤブムラサキが一番に挙げられると思う。

ヤブムラサキ 写真
ヤブムラサキ 写真
ヤブムラサキ 写真
ヤブムラサキ 写真
ヤブムラサキ 写真
ヤブムラサキ 写真
ヤブムラサキ 写真
ヤブムラサキ 写真