HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ヤブソテツ ヤブソテツ 眉山 ヤブソテツ
【 オシダ科 ヤブソテツ属 】


 常緑性のシダ植物で,眉山にはやや日陰の場所や石垣などに多く生えている。
 名前の由来は,外形がソテツに似ていて,藪に多く生えていることからヤブソテツ(藪蘇鉄)だ。

 私が思った以上に,このヤブソテツには種類が多く,オニヤブソテツ・ヤマヤブソテツなどとの区別は大変迷ったが,次の5点からヤブソテツであると判断した。
 @ 羽状複葉の側羽片の幅が狭くて,15対ほど見られたこと。(オニヤブソテツやヤマヤブソテツは10対ほど)
 A 側羽片の表面が薄い緑色で,やや光沢が見られたこと。(オニヤブソテツは濃緑色で光沢がある)
 B 側羽片の裏面に見られる包膜が灰白色ぎみであったこと。(オニヤブソテツは中心部が濃くなる)
 C 包膜が,側羽片の裏面全体に広がっていたこと。(ヤマヤブソテツは辺縁に優先的につく)
 D 側羽片の基部が切形で耳片がないものが多かったこと。(オニヤブソテツは円形)

 今回,ヤブソテツの仲間を調べてみて,種類の多さに驚かされた。シダ植物だけでも,1つの世界がある。包膜(胞子を覆って保護する薄い膜)の様子で分類することも,新しい発見であった。まだまだ知らないことばかり。謙虚に学ぶ姿勢がなければ,分類できる世界ではないと強く感じさせられた。

ヤブソテツ 写真
ヤブソテツ 写真
ヤブソテツ 写真
ヤブソテツ 写真