HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ヤマコウバシ ヤマコウバシ 眉山 ヤマコウバシ
【 クスノキ科 クロモジ属 】


 3月下旬に,歩き慣れた登山口どうしをつなぐ道で観察をしていると,枯れ葉を枝につけたまま,立ち枯れた木のようなヤマコウバシが目を引いた。

 名前は,山に生え,枝を折るとショウブ(菖蒲)に似たほのかな香ばしい匂いがすることに由来している。かつては,この若葉を乾燥させた粉末を餅や団子に混ぜて食用にしたことから,モチギ(餅木)という別名をもっている。クスノキ科特有の葉の基部から出るさ3脈は見られず,アブラチャンの葉柄を短くした感じの葉に似ていると感じた。

 新葉が出てくる夏の間は,それほど目立つことのないヤマコウバシであるが,冬から翌春にかけては他の落葉樹が葉を落としていくため,枯れ葉をつけている姿が勇ましく見える。

 寒さがきて葉が枯れても落葉しないのは,葉柄の付け根に離層ができないか,離層が作られても維管束が強靭なためだと思われる。 落葉樹に位置づけられながらも,落葉が完成していない。
 必死に落葉しようと努力している,眉山にこんな落葉樹があることを多くの方に知っていただきたい。

ヤマコウバシ 写真
ヤマコウバシ 写真
ヤマコウバシ 写真
ヤマコウバシ 写真