HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ハルニレ ハルニレ 眉山 ハルニレ
【 ニレ科 ニレ属 】


 徳島県において,アキニレはよく目にするが,ハルニレは珍しい。 北海道大学のキャンパス並木では有名だが,四国では北側の山地に稀に自生するぐらいのものらしい。春に花をつけるハルニレは,一般に東日本の樹木と言える。そういう意味で,私はこのハルニレを「旅人のハルニレ」と呼びたい。 
 
 ニレの語源は,樹皮の剥がれた跡がヌルヌルする「滑れ(ぬれ)」という古語に由来し,一般に「ニレ」と言えばハルニレのことを指すようだ。アキニレとは幹肌の様子や葉の大きさから明確に区別できるが,アキニレの方が全体として小枝がよく出ている印象をもつ。また,ニレ属の木を英語でエルムと言うようで,エルムはハルニレの別名にもなっている。

 眉山のシンボルとして,このハルニレをぜひ大切にしていただきたい。私の疑問は,このハルニレをだれがどんな思いでこの眉山の頂上の地に植えたのか。許されるなら,その思いに触れてみたい。

ハルニレ 写真
ハルニレ 写真
ハルニレ 写真
ハルニレ 写真