HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 カンナ カンナ 眉山 カンナ
【 カンナ科 カンナ属 】


 天神社から登山口,そして山頂へと登った場所のすぐ左側ぐらいにカンナが咲いている。
 花の色は,赤・黄・橙・白など様々あるようだが,ここに咲いていたのは橙色をしていた。夏の間じゅう咲き続けるカンナであるが,もう9月の中旬に入っていたせいか,花期はそろそろ終わりそうであった。花が終わった後の紫色の実をつけている姿も見られた。花も葉も非常に大型で,力強く植わっている印象を受けた。葉はウコンに似ていると思ったが,家のウコンと比べてみるとカンナの方が厚みがあった。

 インドの伝説には,次のようなものがある。
  『 お釈迦様の霊力をねたんだ悪魔がお釈迦様に怪我をさせ,その怪我の傷から流れた血が土に
    しみこみ,そこから発芽して咲いた花がカンナだった。 花の色がそれほどまでに赤いということ。 』

 この伝説からすると,赤色のカンナこそ,カンナの元祖であり生まれを意味しているような気がする。

カンナ 写真
カンナ 写真
カンナ 写真
カンナ 写真