HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 キリ キ リ 眉山 キリ
【 ゴマノハグサ科 キリ属 】


 5月にキリの花が,円錐形の花序を立てて咲いていた。花冠は,筒状の釣り鐘形をしており5裂し,外側が紫色を帯びていた。眉山のキリと言えば,私は展望休憩所を臨む場所に植わっているこのキリを挙げたい。キリのつつましい花を近景に臨みながら,一望すると徳島市の広がる街並みの景色。徳島市の素晴らしい景観の一つとも言えるだろう。
 秋のキリには,種子と同時にもう来年の花芽があったのが興味深い。あの立派な円錐花序を作り出すのに,それだけ長い時間を費やしているのかと思うと,また来年もキリの花を見るのが楽しみになる。

 「此木切れば早く長ず故にキリと云う」(大和草本) キリは「切り」の意味で木を切るとすぐに芽を出し,大変成長が速いことに由来するのが主説である。昔,娘が生まれたらキリの苗を植え,その娘が嫁ぐころには大木になり,それを切って嫁入りタンスを作ったという言われもある。
 「キリの訓は木理なり木工目を賞翫して付けたる訓なり」(蒹葭堂雑録) キリを切って萌芽させると,中心の空洞が次第に小さくなりほとんど穴のないものになってしまうという副説も捨てがたい。
                                賞翫(しょうかん)・・・そのもののよさを楽しむこと

 また,キリは鳳凰が住むという説(元来はアオギリ)から,キリは瑞祥の花でもある。キリが栄桐と書くことににもより,御醍醐天皇が初めて皇室の紋章の一に選ばれたという話も聞いたことがある。
                              瑞祥(ずいしょう)・・・めでたいことが起こるという前兆

キリ 写真
キリ 写真
キリ 写真
キリ 写真
キリ 写真
キリ 写真
キリ 写真
キリ 写真
キリ 写真
キリ 写真
種  子
来年の花芽(秋から花序になる準備をする)