HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ムクノキ ムクノキ 眉山 ムクノキ
【 ニレ科 エノキ属 】


 眉山の頂上から駐車場に降りていく道の途中に,そびえ立っているムクノキ。神社やお寺に植えられてある巨木ではないが,なかなか立派な樹形で,気に入っている。昼間は日差しをさえぎり木陰を作ってくれるので,脇を通る人たちに安心感を与えてくれる。私は,「やすらぎのムクノキ」と呼びたい。

 関東では,エノキケヤキと並んで,ムクノキはニレ科の「御三家」の一つである。ムクノキは幹が直立し,ケヤキのような扇型ですらっとしているが,枝が横へ横へと伸びていく樹形のように思う。ケヤキほど“ほうき状”にはならず,エノキほど横にこんもりしないという感じだろうか。

 樹皮は白っぽくて平滑で縦筋が入ることが多いが,老木になると縦に裂けて剥がれてくる。葉はややエノキに似ているが,特徴をつかめばそうでもない。鋸歯が上半分にしかなく側脈が葉縁まで届かないエノキに比べて,ムクノキは鋸歯が基部まであり,側脈は途中で分岐しながら葉縁まで届いている。どちらも基部3脈が特徴ではあるが,私の観察ではひと回りほどムクノキの葉の方が大きいように感じる。

 ざらざらする葉の裏面を使って物を磨いたり,皮を剥いだりしたことから,「磨くの木」が転訛してムクノキになったのが名の由来の定説である。ムクノキの葉が扇子の要の木の部分を磨くのに使われた事実は,近年までされていたようだ。他には,老木になると樹皮がはがれるので「むき剥ぐ木」,木工用に使われるので「木工(もく)」などに由来するという副説もある。

 私は,ムクノキという名前を聞いたとき,ムクドリからついた名前であると思っていた。しかし実際は,その反対で,ムクドリがムクノキの黒く熟した実を好み飛来してくることから,ムクドリと呼ぶようになったらしい。ムクノキの実がムクドリの名付けのきっかけだったとは,改めてその偉大さに敬意を表したい。

ムクノキ 写真
ムクノキ 写真
ムクノキ 写真
ムクノキ 写真
ムクノキ 写真
ムクノキ 写真
ムクノキ 写真
ムクノキ 写真