HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 オオバボダイジュ オオバボダイジュ 眉山 オオバボダイジュ
【 シナノキ科 シナノキ属 】


 ボダイ(菩提)とは正道または仏道のことで,梵語(ぼんご)のボジ(Bodhi)に由来する。昔お釈迦さまが,クワ科のインドボダイジュ(印度菩提樹)の下で悟りを開かれたとも言われる。
 菩提樹・沙羅双樹・白檀はお釈迦様にゆかりのある聖樹として大切にされ,日本では仏家の三名木として,お寺ではよく境内に植えられてきた。ちなみに,シューベルトの歌曲『菩提樹』は,別名「リンデンバウム」と呼ばれるセイヨウボダイジュ(西洋菩提樹)のことで,実が数珠として使われているのはホルトノキ科のジュズボダイジュ(数珠菩提樹)のことである。

 日本のボダイジュには中国原産のシナボダイジュが使われている。仏教が日本に伝えられて600年ほど経ったころ,宗へ渡った栄西が修行を終え日本に帰るとき,寺院に植えてあったボダイジュの種をとって持ち帰り,比叡山の寺に植えたのが始まりと言われている。

 オオバボダイジュは中国原産のボダイジュに比べると葉が大きく,30cm近くもあった。ボダイジュの葉の形は,三角状広卵型で,葉先が三角形を成しているようだ。また同属のシナノキは,葉脈肢に毛がある以外は小枝もほとんど無毛である点から,ボダイジュやオオバボダイジュと区別できる。

 このオオバボダイジュは,平和記念塔「パゴダ」の前に植えられている。パゴダは,第2次世界大戦で戦死した方の霊を慰めるために県ビルマ会が建てたものである。
 お釈迦様がこのオオバボダイジュに宿り,亡くなった方の霊を弔っているような気がする。

オオバボダイジュ 写真
オオバボダイジュ 写真
オオバボダイジュ 写真
オオバボダイジュ 写真