HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 キバナアマ(黄花亜麻) キバナアマ(黄花亜麻) 眉山 キバナアマ(黄花亜麻)
【 アマ科 キバナアマ属 】


 12月下旬,和田乃屋(滝のやき餅)の店内ガラス越しに,名水「白糸の滝」を飾るように枝を伸ばして,黄色の花をつけているキバナアマが見られた。お店の横にある石階段の手すり脇にまで枝が伸びていき黄色で飾っている姿は,登山したり下山してくる方を温かく送迎しているように思えた。

 中国・インド北部原産の低木で,晩冬から早春にかけて花を咲かすので,中国では「迎春花」と呼ばれている。花の色や咲く時期,「迎春花」の呼ばれなどは,オウバイに似ている気がした。よく見ると,花冠が6裂になっているオウバイに対して,キバナアマは5裂になり,花弁1つ1つが重なり合って上品な印象を与える。また同じ低木ではあるが,うなだれるようにしだれているイメージの強いオウバイに比べると,キバナアマは自然に枝をしだらせていた。葉は,オウバイよりはずいぶん大きい。
 
 キバナアマ(黄花亜麻)は,モラエスが植えたとされており,徳島県内では『モラエスの花』として親しまれている。お店の方に聞くと,キバナアマと呼ばれ出したのは,ここ7,8年ぐらいの話で,それまでは名前が分からず『モラエスの花』のみの呼び名だったようだ。。販売されているキバナアマは,なぜか「雲南月光花」と書かれていることが多い。おそらく原産地として,中国の雲南省に分布し,月が照らす光のように美しい黄色の花をつけるという意味だろうと予想される。
 モラエスは様々な苦悩の中で,キバナアマの花に心の安らぎを求めたのではないだろうか。

キバナアマ(黄花亜麻) 写真
キバナアマ(黄花亜麻) 写真
キバナアマ(黄花亜麻) 写真
キバナアマ(黄花亜麻) 写真
キバナアマ(黄花亜麻) 写真
キバナアマ(黄花亜麻) 写真
キバナアマ(黄花亜麻) 写真
キバナアマ(黄花亜麻) 写真
キバナアマ(黄花亜麻) 写真
キバナアマ(黄花亜麻)紹介ラミネート 写真