HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

徳島県の樹木 三好市 黒沢湿原 三好市 黒沢(くろぞう)湿原 徳島県の樹木 三好市 黒沢湿原

                
           〜 後世に残していきたい素晴らしい湿原との出会いを通して 〜

 徳島新聞の記事で,黒沢湿原にサギソウの花が7月の終わりから咲き始め,8月中旬ごろまで見られることを知った。2015年8月10日の夕方ごろ,初めて,黒沢湿原に足を運んだ。
 見渡すところどころに元気いっぱいのノリウツギの花,足下にはアキノタムラソウが自分らしい花穂を伸ばす姿が見てとれた。湿原という言葉がぴったりの場所で,どこか異国情緒のある雰囲気をもちながら,「忘れられてしまった古きよき日本」を感じさせてくれる。


 湿原という言葉から,それほど標高の高い場所を想像していなかったが,車を走らせてみると,険しい山をひたすらに登らなければならない場所で,驚いた。黒沢湿原は標高550mの山頂部にある盆地にあり,サギソウを始めとした湿原植物群落は徳島県の天然記念物に指定されている。また,トンボやチョウ,昆虫なども貴重な種類が生息していて,環境省から日本の重要湿地500に選定されている。ちなみに,四国の湿地としては唯一,黒沢湿原だけが選定されているようだ。

 この黒沢湿原では,生育力の強いヨシやオオミズゴケの繁茂による植物の減少,心ない人たちによる植物の無断採取や昆虫の無断捕獲,イノシシの掘り返しやシカによる食害など,豊かな自然の生態系が崩れかけてきている。湿原の保護を目的とした「黒沢湿原を守ろう会」の活動も行われている。
 それだけ後世に残していく値打ちのある場所であることは,1度足を運ぶだけで肌で感じられた。私にできることは,本サイトを通して,黒沢湿原の素晴らしさを伝えること。季節ごとに何度も通って,この場所と共に自分の殻を打ち破っていきたい。    * 黒沢湿原で目にした樹木や植物 *    


黒沢湿原 写真


黒沢湿原 写真


黒沢湿原 写真


黒沢湿原周辺の地図【案内板】 写真
黒沢湿原周辺の地図【案内板】

黒沢湿原で見られる草花【案内板】 写真
黒沢湿原で見られる草花【案内板】

5月〜11月に黒沢湿原で見られる草花の一覧【案内板】 写真
5月〜11月に黒沢湿原で見られる草花の一覧【案内板】

黒沢湿原で見られる徳島県指定天然記念物の一覧【案内板】 写真
黒沢湿原で見られる徳島県指定天然記念物の一覧【案内板】

黒沢湿原への到来を歓迎【案内板】 写真

                  * 黒沢湿原で目にした樹木や植物 *
  サギソウ   ミソハギ   ヒメガマ   キキョウ