HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

神社やお寺 若宮神社 徳島市 若宮神社(2009.12.5) 神社やお寺 若宮神社


 八万町橋本にある若宮神社は,私の家から最も近い神社になる。この神社は,私が生まれたころからある神社で,10年ぐらい前に改築されて,ずいぶんときれいになっている。私が散歩するコースにもこの若宮神社を通ることが多く,大変馴染みのある神社である。
 毎年10月になると,この神社の隣の敷地で,橋本地区での子どもたちによる「ちびっ子すもう大会」が開催されており,我が家の娘たちも例外なくこのすもう大会に参加させていただいている。そのすもう大会の敷地には,アラカシがそびえ立っている。すもう大会が行われているときには,まだどんぐりができておらず,11月になってようやくどんぐりをつけるやや遅く実をつけるアラカシである。

 樫(かし)とは,堅い木のことを指し,葉の鋸歯が粗いことから,アラカシと呼ばれる。一般にカシと言うと,シラカシではなくアラカシのことを指している場合が多い。枝を切り詰めて,棒状に立っているアラカシを「棒樫(ぼうがし)」と呼ぶこともあり,私の父親はこちらの呼び名で呼んでいる。
 どんぐりは,堅果は小さくて丸くて,ふっくら。堅果の先には,環状型のふくらみがある。殻斗には横線が入る。普段,目にしているどんぐりとしては,一番多い。そういう意味で馴染みのあるどんぐりなので,子どもたちがどんぐりを学ぶとき,このアラカシを基本形にして比較していけば分かりやすいのではないかと思っている。

若宮神社の様子 写真
若宮神社の様子 写真
アラカシ 写真
アラカシ 写真
アラカシ 写真
アラカシ 写真
アラカシのどんぐり 写真
アラカシのどんぐり 写真
12月でも,まだ堅果と殻斗が一体になっているどんぐりが枝にしっかりついていました!