HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

わが町の通りには ハクモクレン ハクモクレン わが町の通りには ハクモクレン
【 モクレン科 モクレン属 】


 市役所から新町川にむかって歩いていく線路沿いの通り沿いに植えられているハクモクレン。
 以前から,気になっていた1本である。ハクモクレンはそこそこ植えられていて,決して珍しくはない。
ただ,このハクモクレンは高架線路に沿って植えられ,どこか初春の旅人を送迎するような趣があって,特別な1本に感じる。汽車から眺めたとき,白くて可憐な姿は何物にも変えがたい美しさだろう。

 モクレンは花びらの外側が赤紫,内側は白で,そのコントラストが美しい花である。ハクモクレンよりも10日ぐらい後から咲き出す。モクレンは,木蓮と書き,花が蓮(はす)に似ている木本ということに由来している。そのモクレンの花びらの外側までも白色にしたものから,ハクモクレン(白木蓮)と呼ばれる。
 コブシと同じような時期に咲くが,コブシよりも花が大きく,上を向いて咲いている。また,全開せずに閉じたような感じで咲くところもコブシとは異なり,味わい深く感じられる。
 上を向いて閉じたように咲く姿は,ロウソクを立てたような形にも見える。


  3月中旬ぐらいに開花する清楚なハクモクレン。この花を見ると学校の卒業式を思い出してしまう。

ハクモクレン 写真
ハクモクレン 写真
ハクモクレン 写真
ハクモクレン 写真
ハクモクレン 写真
ハクモクレン 写真
ハクモクレン 写真
ハクモクレン 写真