HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

わが町の通りには フウの紅葉 フウ(タイワンフウ)の紅葉 わが町の通りには フウの紅葉
【 マンサク科 フウ属 】


 11月の下旬ころから,徳島市役所近くの幸町公園のタイワンフウが見事な紅葉した姿を見せている。12月の中旬,ちょうどこの日は一部残った仕事があり,休日出勤をした。職場に行く前にタイワンフウの紅葉をしばらくぼんやりと眺めては,自分の気持ちを落ちつかせた。

 今が,タイワンフウにとっては一番輝きを見せるとき。完全に色づいた紅色の葉,色づき始めた淡黄色の葉,まだわずかな薄い緑色を残している葉,それぞれの成長過程で,精一杯に生きているタイワンフウたちの葉。葉の色合いのコントラストが美しく,見る人を安らぎの世界へと誘う。

 「樹木の枝についている葉は,自分の色合いに気づいているのだろうか。公園の地面に落葉した仲間の葉を目にして,どんなことを考えているのだろうか。」ふとそんなことを考えてしまう。常緑樹であれ,落葉樹であれ,多かれ少なかれ落葉させなければ,乾燥する冬においては葉の裏側にある気孔からどんどん水分を奪われ,自分自身の生命体を維持できなくなる。また,緑の葉をつけっぱなしでは葉緑体での光合成能力が落ち,植物体としての機能も低下するだろう。そんなことを樹木自身が本能的に感じ,落葉する準備を行っているのが『紅葉』ではないだろうか。
 美しいとされる紅葉も,樹木にとっては生きていくためのやむなき手段になる。樹(親)と葉(子)の別れのようなものかもしれない。樹(親)は,出会った1枚1枚の葉(子)に対して別れを惜しむことだろう。
 幸町公園の素晴らしいタイワンフウに,どれだけたくさんの小さなドラマが潜んでいることだろうか。

フウの紅葉 写真
フウの紅葉 写真
フウの紅葉 写真
フウの紅葉 写真
フウの紅葉 写真
フウの紅葉 写真