HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

わが町の通りには フウ フウ(タイワンフウ) わが町の通りには フウ
【 マンサク科 フウ属 】

 
 中国や台湾原産の落葉高木である。「楓」を音読みにしたものらしく,葉が風になびくという意味もあるようだ。街路樹としてこの木が植えられていることがたまにあるのだが,手足がもがれたかのように激しく剪定されているフウを見ると,すごく心が痛む。あのフウだって,好きであそこの場所に植わっているわけじゃないだろうにと・・・。
 フウは,私の大好きな樹木の1つである。葉っぱが3分裂していて,非常にかわいい。葉っぱの先がそれぞれ左右に向かっているところが特徴的で,この葉っぱの愛らしさを表現しているのだと思う。
  葉っぱのシルウェット写しをしたときに気づいたのだが,3分裂しているそれぞれの先を線で結んでみると,ほぼ正三角形になっている。何度見ても,すごくおもしろくユニークな形だ。同科・同属のモミジバフウは5〜7分裂している。また,同じ3分裂でも,トウカエデはもっと鈍さのある感じを受ける。
 フウの実もおもしろい。球形で,花柱が棘状に残るためクリのイガを思わせる。モミジバフウの実も同じような球形だが,棘というよりは短い突起物が出ているような感じであった。
 ぜひ,今年もフウの実(種)集めをしたいと思う。
 ちなみに下の写真は,徳島市役所近くの幸町公園のフウである。出勤する前に撮影してみた。

フウ 写真
フウ 写真
フウ 写真
フウ 写真