HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

わが町の通りには イチョウ イチョウ わが町の通りには イチョウ
【 イチョウ科 イチョウ属 】

 
 中国名は鴨脚樹(ヤーチャオ)で,それが日本でイチョウに転訛したと言われる。 鴨の脚とは,鴨が歩いた足跡にイチョウの葉っぱの形が似ているとの意味。一般に,雄株の枝は挙手したように上向きに伸び,雌株では水平に出ると言われる。街路樹に植えられているイチョウは,銀杏(イチョウの実)の異臭を気にしてだろうか,ほとんど雄株であろう。
 私なりに,鴨の足跡をイメージして葉っぱを何枚か並べてみた。【一番下の左の写真】
 ただ,ヤーチャオの意味をよく考えてみると,葉身が足で,葉柄は太ももや膝あたりの脚ということになるだろうか。そう考えると,葉柄を上に立てて,脚に見立てるべきであった。私の並べ方は,ダメだ。
鴨の足元をよく観察すれば,自ずと葉っぱのどちら側を表にして,どちら側を前に向けるかも見えてくるはずである。ぜひ,鴨の足元を観察してから,もう一度チャレンジしようと思う。子どもたちにもイチョウの落ち葉を使って,自由な発想でヤーチャオをイメージしてもらいたい。
 嫁とイチョウの話をしていると,「イチョウの葉っぱで,ズボンの葉っぱは男の子・スカートの葉っぱは女の子って,昔教えてもらったことがあるけど,雄の葉っぱ・雌の葉っぱってあるの?」と尋ねてきた。
 イチョウの葉っぱに切れこみのあるのと無いのは,おそらく個体差なので,答えはNoだが(第一,葉っぱに雌雄はない),その発想と表現の仕方がおもしろい。一体,どんな人がこのことを教えてくれたのか?正誤は別にして,インパクトのある表現だ。こういう子どもと同じ目線で,自然を見つめさせられる大人が,最近少なくなってきているように思う。

イチョウ 写真
イチョウ 写真
イチョウ 写真
イチョウ 写真
イチョウ 写真
イチョウ 写真