HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

わが町の通りには ケヤキ ケヤキ わが町の通りには ケヤキ
【 ニレ科 ケヤキ属 】

 
 “けやけし”とは,他のものより目立っているという意味らしい。その“けやけし”にあやかって,「けやけきき」→「けやけき」→「けやき」のように転訛したと言われる。きっと,この語源はケヤキの木目の美しさが,他の樹木に比べて際立っていることの由来ではないだろうか。写真のケヤキは,徳島駅前のデパート横にあったものである。
 冬に落葉している樹形の姿は,『樹形ほうき』と呼ばれ, ホウキを逆さにしたような姿が実に雄大だ。
 関東ではエノキムクノキと並んで,ケヤキはニレ科の「御三家」の一つである。落葉している冬に,ニレ科の御三家に対する目利きの練習を何度も挑戦したのを,昨日のことのように覚えている。
 「この3つを遠くから見て判断できるようになれば,落葉の半分はできたようなものだよ。」
私に樹木の素晴らしさを教えてくださったK先生の励ましの言葉は,今でも忘れられない。
 「このケヤキの枝のように,まっすぐ私も生きていきたい。」そんな前向きな気持ちを,私にもたせてくれた。扇形に枝を広げ,まっすぐ上に上に伸びていこうとするケヤキの樹形は,美しいばかりではなく,神秘的な感じさえする。
 昔,すでに亡くなっている私の祖母が,ケヤキの美しさに見せられて,庭木に植えようと思ったことがあるそうだ。しかし,冬の落ち葉で近所に迷惑をかけてはいけないとの思いから断念したようだ。残念ながら,徳島の街路樹にケヤキは少ないというのが実感だ。落ち葉のことまで考えた上で,実利を重んじてしまう徳島県の県民性を,どことなく感じる私であった。

ケヤキ 写真
ケヤキ 写真
ケヤキ 写真
ケヤキ 写真
ケヤキ 写真
ケヤキ 写真