HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

わが町の通りには キヅタ キヅタ(フユヅタ) わが町の通りには キヅタ
【 ウコギ科 キヅタ属 】


 木のように大きく太くなる蔦(ツタ)の意味から,木蔦(キヅタ)と言われる。平地や山野の低地に普通に見られるツル性の常緑樹だが,公園や建物のフェンス,お店の壁などでもよく目にする。
 茎から気根を出し,他の樹木や岩・壁などを伝い上って生長している。「へデラ」「アイビー」などと総称される外国産のキヅタの園芸品種もあり,グリーンインテリアやフラワーデザインの添え葉として人気があるようだ。
 似ているものとしては,ツタ(別名:ナツヅタ)がある。ツタは壁一面にびたっと張りついていて元気な感じがする。葉っぱの色合いも,キヅタに比べると薄く黄緑色をしている。
 写真は,街中にある喫茶店の入り口や窓まわり一面を囲んでいるキヅタである。キヅタのしっとりした感じは,大人の落ち着いた雰囲気をかもし出しているように思える。心が疲れているときには,こういうキヅタの落ち着いた雰囲気のあるお店で癒されてみたいものである。
 
キヅタ 写真
キヅタ 写真
キヅタ 写真
キヅタ 写真