HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

わが町の通りには コブシ コブシ わが町の通りには コブシ
【 モクレン科 モクレン属 】


 市役所の職員が公用車として使う地下駐車場出入り口付近に,コブシの花が満開を迎えていた。ここは外灯が整備されていて,夜になるとその外灯がつくので,コブシの花を夜でも楽しめる場所である。

 コブシという名前は,果実の形が子どもが手をにぎりこめた拳に似ていることが由来である。
 白い6枚の花弁を裏側から見れば,赤紫がかった色合いのラインが見える。私には,赤紫のラインが人間の血管のように思えて,どこかコブシの強い生命感を表現しているように思える。
似ているとされているハクモクレンにはもっていない,情熱的な色の含みではないだろうか。

 ハクモクレンと同じような時期に咲くが,ハクモクレンよりも花が小さく,上を向いて咲くハクモクレンとは異なり,様々な方向を向いて咲いているのがコブシの特徴である。細かなところでは,コブシは開花したときに花の下に小さな葉を1枚つけることが多く,これも見逃せないコブシの個性である。
 千 昌夫のヒット曲『北国の春』にも「白樺 青空 南風 コブシ咲く あの丘 北国の ああ北国の春」と歌われ,コブシの花は北国の山の春の訪れを知らせる存在である。南に比べて開花の遅い北国では,田植えの準備に入る目安することから,「田打ち桜」とも呼ばれている。

 こんな歴史上の話がある。「壇の浦で敗れた平家の落ち武者が,熊本の山奥へと逃れたが,早春のある日,山が源氏の白旗で囲まれているのを見て,とてもかなわぬと覚悟し全員が自刃した。」 白旗と見たのはじつはコブシの花だった。コブシが,いかに日本の歴史と共に歩んできたかがよく分かる。

コブシ 写真
コブシ 写真
コブシ 写真
コブシ 写真
コブシ 写真
コブシ 写真
コブシ 写真
コブシ 写真
コブシ 写真
コブシ 写真