HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

わが町の通りには キョウチクトウ キョウチクトウ わが町の通りには キョウチクトウ
【 キョウチクトウ科 キョウチクトウ属 】


 市役所の横にあるワシントンヤシモドキ交雑種が並んだ脇にびっしりと植わっていた。インドや中近東原産の常緑樹で,中国で竹のように細長い葉っぱをもち,桃のような花をつけることから「夾竹桃」(キョウチクトウ)の名がつけられた。江戸時代に中国から長崎に渡来し,異国の花木として温暖な地方に広まった。最近では,大気汚染に強いので,街路樹や工場など緑化樹として利用されている。
 花は白色・淡紅紫色・黄色など,さまざまあるようだが,私が目にしたのは桃色の八重咲きであった。葉は3枚ずつ輪生し,裏面には数多くの薄い側脈がある。

 キョウチクトウの樹液は有毒なので,十分に気をつけたい。過去に,東名高速道路を造る工事のときに,作業員が昼食の弁当に箸がついていなかったので,近くにあるキョウチクトウの枝を折って箸にして食べたところ,3人が死亡した。この事故では,だれもキョウチクトウによるものとは予想できず,原因究明が大変だったようだ。また別の事故では,バーベキューの串にキョウチクトウの枝を使ってしまい起きた話もある。いずれもキョウチクトウが含む有毒成分を十分に認識しておらず起きた事故である。

 ただ,一方で樹皮や葉は強心剤や利尿剤として用いられ,薬剤としても活躍している。
「毒をもって毒を制す」で,確かな知識や技術があれば処方の仕方によって毒も薬になるのだろう。
 子どもたちの教育も,このキョウチクトウの毒と薬の話にどこか似ているように思う。如何に教育(=処方)するかによって,子どもたちがどのように成長するかが決まってくる。ただ違うのは,知識や技術だけではなく,愛情や信念の大きさが教育する者に問われるということだろうか・・・。

 かつて台湾の指導者だった蒋経国総統(蒋介石総統の息子)の言葉に印象深いものがある。
 「花が咲いても実にならない。夾竹桃のようなものになるな。」
  この言葉をどう受け止めるか,その感想にその方の人間性が表れるような気がしている。

キョウチクトウ 写真
キョウチクトウ 写真
キョウチクトウ 写真
キョウチクトウ 写真
キョウチクトウ 写真
キョウチクトウ 写真