HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

わが町の通りには マテバシイ マテバシイ わが町の通りには マテバシイ
【 ブナ科 マテバシイ属 】


 市役所横にあるワシントンヤシモドキ交雑種が並んだ街路樹の片隅,電話ボックス近くのマテバシイ。一部の葉が黄色になっていて,植えられている場所で,根から十分に栄養分を供給されていない感じもあるが,街路樹のマテバシイとしては見ごたえのある樹高なので,お気に入りの1本である。

 名前の由来は,大きく次の2つの説をよく耳にする。
 @ 葉がマテバ貝に似ていることからマテバシイ
 A 待てばおいしい実が成るということからマテバシイ
 後者の説は,縄文時代(縄文時代,どんぐりは主食)の遺跡からマテバシイが出てきたことに由来した説だと思われるが,今ひとつ真実味がなく,私は前者の説だと考えている。

 6月ぐらいから,マテバシイの近くを通ると,少し生臭い感じのにおいのブラシ状の雄花がたくさん咲いている。少し目立たないが,雄花の花枝の中に1本だけ瘤状のものを点々とつけた雌花がある。マテバシイのどんぐりは2年型なので,この雌花がその年の秋ではなく,翌年の秋にどんぐりになる。

 マテバシイのどんぐりは,他のどんぐりと違ってゾウムシの幼虫が穴を開けて出たものをほとんど見たことがない。そういう意味では,飾り物に使うにはちょうどよいどんぐりと言えるかもしれない。

マテバシイ 写真
マテバシイ 写真
マテバシイ 写真
マテバシイ 写真
マテバシイのどんぐり 写真
マテバシイのどんぐり 写真