HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

わが町の通りには サツキツツジ サツキツツジ わが町の通りには サツキツツジ
【 ツツジ科 ツツジ属 】


 5月の下旬ごろ,市役所の敷地にサツキツツジの紅紫色の花が咲いていた。花は小型で,公園や街路樹にもよく植えられている。葉も小さめで,他のツツジに比べると葉先がやや尖っている印象が強い。

 サツキはツツジより遅れて咲き,5月中旬から6月に初旬にかけるぐらいまで花が楽しめる。
 名前の由来は,皐月(旧暦の5月)に花が咲くことに由来している。
 
私が今まで目にしてきたサツキツツジは園芸用ばかりだが,野生のものもある。本州と九州には渓流沿いの岩地に自生しているが,残念ながら四国には分布していないようだ。

 
「今年は意識してツツジの花を見なかったな」という方にも,最後のチャンスをいただけるのが,このサツキツツジだ。園芸のツツジを,開花順に大ざっぱに3つに分けると,次のようになる。
 キリシマツツジ(クルメツツジ) → ヒラドツツジ(オオムラサキツツジ) → サツキツツジ

 サツキツツジは,「ツツジの開花の大切なアンカー役」だと感じている。5月下旬になって,ツツジをまだ見たい方には,ぜひサツキツツジの群生した花の美しさを楽しんでいただきたい。

サツキツツジ 写真
サツキツツジ 写真
サツキツツジ 写真
サツキツツジ 写真
サツキツツジ 写真
サツキツツジ 写真