HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

わが町の通りには シマトネリコ シマトネリコ わが町の通りには シマトネリコ
【 モクセイ科 トネリコ属 】

 
 新町商店街を抜けたところお店の一角に飾られていたシマトネリコである。熱帯〜亜熱帯の中国大陸南部・沖縄・台湾・フィリピン・インドなどに原産する樹木だ。ここ最近,庭木や観葉植物として飾られることが多くなり人気が上がってきた感じがする。タイワントネリコもしくはタイワンシオジの別名もある。

 葉は対生する羽状複葉で,小葉は光沢があり丸みを帯びていた。6〜7月にかけて,ネズミモチに似た円錐形の花序を出し黄白色の花をつける。

 トネリコはトヌリキ(戸を塗る木)よりきたと言われる。この木に寄生する虫により分泌した白蝋(はくろう)をトネリといい戸滑りに用いたらしい。 シマトネリコのシマとは,南の熱帯の島からやってきたという意味だと,私は予想しているが十分な根拠はない。
「南の国からやってきたシマトネリコさん。あなたは,夏に清涼感を与えてくれる木ですよ。」

シマトネリコ 写真
シマトネリコ 写真
シマトネリコ 写真
シマトネリコ 写真