HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

わが町の通りには ユリノキ ユリノキ わが町の通りには ユリノキ
【 モクレン科 ユリノキ属 】


 徳島駅から中央郵便局の方に向かっていく通り沿いに,街路樹として植えられていたユリノキである。
 北アメリカ原産の木で,明治時代初期に日本に渡ってきたと言われている。釣り鐘型で花弁の基部にオレンジ色の斑点をもつ黄色の花が,ユリに似ていることから,ユリノキと言われている。また,花の形がチューリップの木にも似ていることからチューリップノキという別名もあるようだ。
 葉っぱの形は,先がくぼみ左右に特異な切れこみを見せる。非常に特徴的で,おもしろい。葉柄を上にして見たら,半纏(はっぴに似た上着)に似ているのでハンテンボクという別名で言われることもある。
 この葉っぱを,子どもたちに紹介するとしたら,
「こうやって見たら(葉柄を上に,葉先を下に),何かに似て見えないかな?」である。
子どもの発想力はすごいから,私がイメージできないものを挙げてくれることだろう。ただ,半纏は今の子どもたちにあまり馴染みがないので,“Tシャツ木”と言ってあげた方がピンとくるかもしれないが・・・。

ユリノキ 写真
ユリノキ 写真
ユリノキ 写真
ユリノキ 写真
ユリノキ 写真
ユリノキ 写真